DESIGN THINKING

ADCの考える デザイン・シンキング

DESIGN THINKING
「デザイン・シンキング」すなわち「デザイン思考」とは、経験と実績が豊富なデザイナーの思考メソッドと、表現手法をもって、単に製品をデザインするには留まらず、事業戦略・企業戦略をデザインすること。
  • つぎへ

ADCの考えるデザイン・シンキング

DESIGN THINKING
「経営者・経営陣とADCがチームを組んで課題を共有し、解決案の完成まで共に歩みます。 ユーザーニーズ、技術的実現性、ビジネスとしての持続性、地球規模の妥当性を明確にし、企業戦略を構築していきます。
  • もどる
  • つぎへ

ADCの考えるデザイン・シンキング

DESIGN THINKING
企業が「デザイン・シンキング」に期待できることとは 新しい時代に合った ■企業価値 ■ブランド価値 ■高品質な製品 をそれぞれを高めることになります。
  • もどる
  • つぎへ

ADCの考えるデザイン・シンキング

より具体的なプロセスでは、課題の中心となるユーザーをより正しく深く観察し、アイディアを出し、本質的かつ潜在的な問題を見つけ出します。
そこから正しい解決策を探り、これまでのデザイン経験からくるノウハウを活用しながら、デザインを進めます。
ユーザーが快適と思われる解決策を具現化し、リアルな評価のためモックアップを作成、多面的な検証を重ねていく“モノ創り”です。
  • もどる
  • はじめに